TOP > 生産者詳細

ボマール Baumard

本拠地  : ロッシュフォール・シュール・ロワール村
代表者  : フローラン・ボーマール
生産量  : 約16万本
平均樹齢 : 30年
所有畑  : 計38.3ha

URL :  Domaine Baumard 

ロワール河の南岸に接したロッシュフォール・シュール・ロワールにドメーヌを構えるボマール家が、この地にブドウ畑を持っていた記録は1634年にまで溯りますが、ドメーヌの基礎を築いたのは先々代の時代1959年。先々代はロシュフォールの町にカフェを持ち、そこで供するワインのためにブドウ栽培に。ついで、現当主フローラン氏の父である先代ジャンは、醸造学を学んでワイン専業に転換しました。1987年フローランがドメーヌに加わり、現在ドメーヌを運営しています。

中でもカール・ド・ショームには6haを所有し、このアペラシオンの代表的な造り手となっています。その他にもサヴニエールやクレマン、そして高円宮憲仁親王が感激のあまりラベルにサインをして使者にドメーヌまで届けさせたというコトー・デュ・レイヨンなど、シュナン・ブラン種からテロワールを生かしたワイン造りをしています。ロバート・パーカー氏はアペラシオン最高峰の5つ星(秀逸)と評価しており、日本のメディアでは「ワイナート」32号のロワール特集にて冒頭カラーで紹介されております。

有機肥料を使用し、除草剤は使用せず鋤入れで対応。また、40年程前から畝一つおきに芝を植えています。手摘みで収穫後、空圧式プレス機で圧搾後、デブルバージュ。低温で1〜6ヶ月という長期間かけ発酵させ、ステンレスタンクで熟成。期間は発酵も含め8ヶ月ほど。澱引きは、ワインの状態を見て、時期・行なう回数を決めています。 特にシュナン・ブランの収穫には時間を掛け、数回に分けて完熟したブドウのみを収穫しています。

Page Top