TOP > 生産者詳細

ドメーヌ メルシオル Domaine Mersiol

本拠地 : ダンバッハ・ラ・ヴィル村
代表者 : ステファン・メルシオル
      クリストフ・メルシオル
生産量 : 60,000本
所有畑 : 計12ha
     (内、3.5ha グラン・クリュ
      フランクシュタインに所有)

URL :  Domaine Mersiol

アルザスのバ・ラン(Bas-Rhin)にあるダンバッハ・ラ・ヴィル(Dambach la Ville ストラスブールの南西約40km)で18世紀から続く造り手。
1946年にルールマン(Ruhlmann)の名称で、初めて瓶詰めから販売を始めました。1961年、アンヌ・リーズ・ルールマンとギィ・メルシオルとの婚姻により畑が拡張され、現在に至っています。2000年に長男ステファンがドメーヌを継承し、2006年には次男クリストフがドメーヌに入り、品質に更に磨きをかけています。

「通の行き着く究極のグラン・クリュ」とフランスのエノログ協会の会長アレックス・シェーファーが称えたフランクシュタイン村を筆頭とした花崗岩質土壌を持つ畑の特徴を最大限引き出し、溢れる花の香りと果実味、キレのある酸、豊富なミネラルを持ち合わせます。
「アエリアン」、この言葉こそ彼らのワインに相応しく、力強く重厚なスタイルではなく、テロワールを反映したフィネス溢れるナチュラルな味わいです。

ビオロジックで栽培を行っています。ぶどうは全て手摘みで収穫されています。大樽又はコンクリートタンクにて8~10ヶ月熟成。化学肥料は使用せず、畑の自然なバランスを保持できるように努めており、2009年よりAB認証されています。

【Grand Cru Frankstein】
本拠地ダンババッハ・ラ・ヴィル村を見下ろす標高220~310Mに位置し、朝日の恩恵を最大限受ける南東向き急斜面を持つ畑は雲母を含む風化した花崗岩質で特にリースリングに最も適していると言われています。
「フランシュタインのワインには花の香りのニュアンスを感じる素晴らしいアロマがあり、紛れもなくそのテロワールを反映している。4~5年ほどの熟成で真価を発揮する。」(フランスのエノログ協会会長アレックス・シェーファー氏より)

Page Top