TOP > 生産者詳細

クーリー デュテイユ Couly Dutheil

エリア : ロワール
本拠地 : シノン村
所有&管理畑  : 合計150ha
買いブドウを含め、合計約150haを管理するドメーヌ兼ネゴシアン

URL :  Couly Dutheil 

クーリー家とデュテイユ家の婚姻により1921年にシノン村に誕生。2代目ルネ・クーリーにより徐々に規模を拡大し、今日は買いぶどうを含め合計約150haを管理するドメーヌ兼ネゴシアン。1990年代から2000年代半ばに掛けてオーナー兄弟間の方針違いによる紛争で一時不安定な時期がありましたが、現在は3,4代目となるジャック・クーリーと息子アルノーの指揮となり品質が向上し、再び名声を保っています。

 ~ 石灰岩土壌の偉大なモノポール畑、
三ツ星レストラン御用達の「クロ・ド・レコー」 ~

クーリー・デュテイユの至宝は2つシノンに所有するモノポール畑、「クロ・ド・レコー」と「クロ・ド・ロリーヴ」で銘醸畑として世界的に知られています。とりわけクロ・ド・レコーはミシュラン3つ星レストランのほぼ全店にてオンリストされており、ソムリエに根強い人気を持っています。温度、湿度が理想的な石灰岩の石切り場跡に造られた地下セラーにて熟成を重ねた垂涎のバック・ヴィンテージ等、熟成した高貴なカベルネ・フランの神髄を是非お試しください。

~ ロワール渓谷、最上の赤ワイン産地、
シノンの代表格 ~ 

クーリー親子はより畑仕事を重視する方針を持ち、シノンに所有する90haの自社畑では除草剤を使用せずに農薬の使用を極力避けたリュット・レゾネを実践し環境に配慮。収量を最大45hl/haまで制限し、収穫はぶどうが完熟するぎりぎりまで待って他生産者よりも約1週間遅い収穫を慣行。自然と凝縮したカベルネ・フランは未熟さ由来の青さを感じさせません。それぞれの畑が持つ個性を最大限尊重するため、2003年以降小樽の使用を廃止(クレッシェンド以外)しています。シノンを代表する規模と高品質を両立した重要な生産者としての地位を揺るぎないものとしています。

Page Top