TOP > 生産者詳細

ドメーヌ アラン グラ Domaine Alain Gras

本拠地  : サン・ロマン村
代表者  : アラン・グラ
生産量  : 約60,000本
所有畑  : 計12ha                                         サン・ロマン(ブラン) 5.0ha、サン・ロマン(ルージュ) 4.50ha、他、オーセイ・デュレス村、ムルソー村に所有

URL :  Domaine Alain Gras

先史時代から住民がいたというこの古い村でグラ家がワイン造りを始めたのは1800年頃。3代目まではワインだけでなく他の作物も作る兼業農家。ワイン専業となったのは4代目から。
現当主を務めるのは5代目のアラン氏。ネゴシアンに樽でワインを売る父に疑問を持ち「自分のワインを造りたい」と19歳で独立、アラン・グラを設立しました。当初2haだった畑も徐々に拡大、母が亡くなった1998年に6haの畑を相続し、現在12haの畑を所有しています。

ムルソーの西、山間のオーセイ・デュレスを越えたコート・ドールの突き当たりにひっそりと佇むサン・ロマン村は標高380Mの山腹と山の上に数十メートルを隔てて2集落から構成されます。畑は135haのみのこのサン・ロマン村で随一と評判の高いドメーヌ・アラン・グラは山の上の集落に位置します。白は火打ち石のような香をもつミネラル豊かなワイン、そして赤はイチゴ、フランボワーズ、ミルフィーユといった赤い果実のニュアンスが強いチャーミングでキメの細かなワインとなっています。

剪定はギュイヨ・サンプル。肥料はオーガニックを3年に1回、必要な畑にのみ撒いています。摘芽・摘房とも実施し、収穫は手摘みを徹底して優良果のみを選別。
黒葡萄は100%除梗・破砕し、コンクリートタンクで醸造。ピジャージュ、プレス後に樽に移します。新樽比率は20%未満。澱引きはマロ発酵後4月まで行わず、清澄は行いません。
白葡萄は小樽の中で発酵し、終了後にバトナージュ。7月のアッサンブラージュまで澱引きは行いません。石灰が強いサン・ロマンでは酒石酸が沈殿しやすいので、冬の間マイナス4℃にワインを冷却して結晶を取り除いています。

Page Top