TOP > 生産者詳細

シャンパーニュ ピエール ジェルベ Champagne Pierre Gerbais

シャンパーニュ南部の産地コート・デ・バール地区の中心地で5つの谷が交わる交差点、セル・シュール・ウルス村に4世代に渡り続く家族経営ドメーヌ。

エリア  : コート・デ・バール地区
本拠地  : セル・シュール・ウルス村
生産本数 : 年/170,000本
平均樹齢 : 約30年
所有畑/管理畑 : 合計18ha

URL :  Champagne Pierre Gerbais 

現在ドメーヌでは世代交代のまっ最中で20代のオーレリアン・ジェルベが中心となり、父と共にドメーヌ運営を取り仕切っており、若者らしく様々な改革を大胆に進めています。「シャンパーニュになる前の段階のワイン造りをしっかりと学びたかった」という理由から、アヴィズの醸造学校ではなくブルゴーニュ・ボーヌの醸造学校で学んでおり、グロ・フレール・エ・スール、アルヌー・ラショー、ジャン・グリヴォーという一流ドメーヌの跡継ぎと、同時期の仲間として学びました。互いに影響を受け合っており、「ブルゴーニュ・スタイルのテロワールが現れた自然体なシャンパーニュを造りたい」、と熱く語っています。コート・デ・バールというブルゴーニュとシャンパーニュの中間地にて双方の良さが自然と融合したセンスの良さを感じさせる今後注目の若きヴィニュロンです。

一般的にはピノ・ノワールの多い地域の中、ジェルベでは伝統的に白葡萄の比率が高く、特記すべきはピノ・ブランを4.5ha植えており、最終のブレンドに大きな個性をもたらしています。キンメリジ階に粘土石灰質の土壌に歴史古いドメーヌらしく斜面好立地に18.5haを有し平均樹齢は30年を越え、中には100年の樹もあります。

醸造はステンレスタンクとバリックを併用しながら品種、区画毎に細かく行い、「この大地は未来の子供達からの借り物である」という想いから1996年からAMPELOSという認証の下、自然環境に優しく持続可能なワイン造りをいち早く実践しています。

Page Top