TOP > 生産者詳細

ドメーヌ ミシェル グロ Domaine Michel Gros

本拠地  : ヴォーヌ・ロマネ村
代表者  : ミシェル・グロ
生産本数 : 年/90,000本
所有畑  : 合計17.5ha
クロ・ヴージョ 0.20ha
ヴォーヌ・ロマネ 1級畑 クロ・デ・レア (モノポール) 2.12ha
他、ヴォーヌ・ロマネ村、シャンボール・ミュジニィ村、ニュイ・サン・ジョルジュ村などに所有

URL :  Domaine Michel Gros 

ヴォーヌ・ロマネ村のシンボル、グロ家は19世紀後半にはドメーヌ内で瓶詰し直接販売を始めたという名門。1830年、ニュイ・サン・ジョルジュ村近くショー村のアルフォンソ・グロ氏によって設立。1963年、4代目のルイの引退時に4人の子供が2組に別れ、2つのドメーヌに分割されました。1つはギュスターヴとコレットによる「グロ・フレール・エ・スール」。もう一つが、ジャンとフランソワによる「グロ・ペール・エ・フィス」。後者は73年、2人がそれぞれ独自にワイン造りをすることで再分割され、ジャンが設立したドメーヌが「ジャン・グロ」(後のミッシェル・グロ)、フランソワが設立したのが「フランソワ・グロ」(後のアンヌ・エ・フランソワ・グロ、現在のアンヌ・グロ)となりました。ジャンが1995年の収穫を最後に完全引退すると、畑はジャンの子供達3人がそれぞれ相続。長男のミッシェルはドメーヌの建物とモノポールのクロ・デ・レアを始めとする4haを得てミッシェル・グロの運営を強化し、現在に至っています。

彼の造り上げるワインは、やや武骨で大地の匂いのする農夫的ワインながら、シルキーでエレガント。人とテロワールの調和を大切にしたバランスの取れたものとなっています。

ブドウは収穫時に選別、100%除梗されますが、破砕はされません。タンクに入れた後、果汁濃縮機にかけアルコール度数を調整。果皮の成分をより抽出するために酵素は添加されますが、発酵をなるべくはやく起こさせるため、低温浸漬をしません。10〜12日間かけて発酵後、1週間タンクに静置し大きな沈殿物を取り除きます。熟成は、30〜100%の新樽を使い18〜24ヶ月行われ、マロラクティック発酵後澱引き。瓶詰め3ヶ月前にアッサンブラージュ、卵白で清澄、ノン・フィルター。

Page Top