TOP > 生産者詳細

シャトー シサック Château Cissac

本拠地  : シサック・メドック村
代表者  : ダニエル・ヴィアラール
生産量  : 約220,000本
平均樹齢 : 約30年
所有畑  : 計50ha

URL :  Château Cissac 

1895年、ポイヤックの弁護士であったジャック・モンドンがシサック・メドック村のシャトー・マルティニを購入したことから、シャトー・シサックの歴史が始まります。1897年ジャックが死去しましたが、モンドン家は1899年に同じくシサック・メドック村にあるシャトー・アビエも購入し、この二つのシャトーの土地を合わせて、シャトー・シサックが誕生。
1940年、ジャック・モンドンの夫人アンジェルも死去し、娘のジェルメーヌがアントワーヌ・ヴィアラールと結婚し儲けた子供(つまりジャックの孫)ルイ・ヴィアラールがシサックを相続しました。モンドン家は、その他にシャトー・クレール・ミロン、シャトー・アンサイヤンも所有していましたが、シサック同様ジャックの孫たちに相続された後にその二つのシャトーはロートシルト家に売却されました。1968年、現在の代表ダニエル(ルイの娘)が初めてワイン造りに参加し、以来シャトーの経営を行っています。1972年、17のシャトーのみにか認定されなかったクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルとして、認定されました。

白亜質の底土に石と砂の層が乗っている土壌から、素晴らしい品質のカベルネ・ソーヴィニョンが生まれます。

品種別に温度制御付きの木製発酵槽で10~14度で24~48時間浸漬、20~25度で発酵を開始。当初は空気に触れさせながらルモンタージュを1日4回行い、デレスタージュとセニエを色素だけでなく、しっかりとした果実味と構成を得る為に行う。発酵終了直前にはルモンタージュを1日2回に減らし、空気と触れさせないように行う。年にもよるが、発酵はおよそ10~15日間。プレス後、温度制御機能付きステンレスタンクへ入れ、マロラクティック発酵。澱引き後、バリックへ移し18~24ヶ月熟成。新樽率33%。卵白で清澄後ブレンドし、瓶詰めされます。

セパージュ : カベルネ・ソーヴィニヨン 75%  メルロー 20% プティ・ヴェルド 5%

セカンドワイン:ルフレ・シャトー・シサック
セパージュ : カベルネ・ソーヴィニヨン 70%、メルロー 22% プティ・ヴェルド 8%

Page Top