TOP > 生産者詳細

シャンパーニュ ロベール モンキュイ Champagne Robert Moncuit

エリア : コート・デ・ブラン地区                            
本拠地 : ル・メニル・シュール・オジェ村(100%グラン・クリュ)       
生産本数 : 年/80,000本                               
所有畑 : 合計8ha(ル・メニル・シュール・オジェ村)  

URL :  Champagne Robert Moncuit 

1890年、アレックス・モンキュイによって、ル・メニル・シュール・オジェ村で創業。それまではブドウ栽培のみでしたが、アレックスの孫ロベールが1928年に初めて瓶詰めまで行い、彼が亡くなる1987年まで携わり続けました。現在彼の娘である、フランソワーズ・アミエ・モンキュイがマーケティングを行い、そして孫のピエール・アミエが2000年からワイン造りを行っています。

このドメーヌの特筆すべき点は、所有畑が全てメニル内にある、唯一のRMであるという事です。即ち、造られるキュヴェが全てメニル100%です。

長年に亘り、ビルカール・サルモン、ルイ・ロデレール(クリスタル用)へブドウを供給していましたが、増え続ける需要により、現在は100%元詰め。所有する30もの小区画は、それぞれの特徴毎に別のタンクで仕込まれます。メニルらしさである、デリケートさ、フィネス、ミネラルを最大に表現する為に、全ての工程をステンレスタンクで行っています。

Page Top